どこからが肥満?基準と食生活の改善によるダイエット

仕事中に食べる男性

肥満というのは体に脂肪が多くつきすぎている状態のことを言います。
しかし、一般の人の多くは漠然と太っている状態のことを指して使用していることが多いのではないでしょうか。
医学においては肥満に関する明確な規定があります。

どこからが肥満という疑問に対して説明していきます。
疑問を解決するためにはBMIという数値を理解する必要があります。
BMIは身長と体重から計算される数値であり、日本語では肥満指数といわれます。
身長が高い人はそれだけ体重も重くなるため、体重だけで肥満ということは出来ません。

そのため、身長を加味した数値で肥満かどうかを決定します。
BMIは体重(単位kg)を身長(単位m)×身長(単位m)で割った数値になります。
注意が必要なのは身長の単位がmになっているということです。
身長が170cmで60kgの人であれば60を1.7×1.7で割った数字がBMIとなります。

ではBMIにおいてどこからが肥満なのでしょうか。
日本には日本肥満学会というものがあり、統計的にもっとも病気にかかりにくい22を標準として25以上を肥満と判定するようにしています。
25を超えた場合には肥満度を4つの段階に分け、肥満1度から肥満4度までがあります。

ダイエットするためにもっとも重要なのは食生活の改善です。
運動ももちろん大事ですが、運動で消費できるカロリーは制限されますし、その人の身体機能が大きく影響します。
食生活の改善によるダイエットは誰にでも行うことができ、もっとも改善が期待できます。
大事なのはカロリー摂取の制限と栄養バランスです。
無理な食事制限はリバウンドを起こすことになるため、ゆっくりと長期的に行うことが重要です。

サイト内検索
最近の投稿
仕事中に食べる男性

どこからが肥満?基準と食生活の改善によるダイエット

2019年08月23日

アーカイブ
人気記事一覧
2
仕事中に食べる男性

どこからが肥満?基準と食生活の改善によるダイエット

2019年08月23日

(141 Views)

3
男性のお腹を計る医者